ソーシャルレジデンスが世界最大級の私立教育機関EFの寮に

法人事例/大規模シェアハウス

2017年10月02日

 留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関イー・エフ・エデュケーション・ファースト(本社:スイス、以下EF)。その日本語学校イー・エフ・インターナショナル・ランゲージ・スクールズ株式会社(本社:渋谷)では、世界50ヵ国以上あるEFオフィスから日本語と日本文化を学ぶために来日にする留学生の学生寮として、オークハウスの〈ソーシャルレジデンスたまプラーザ〉を選定しています。
今回は、スクールディレクター、シャー・勝間田・マーディーさんにお話をうかがいました。

EF International language Centers スクールディレクター
シャー・勝間田・マーディー氏

留学生にとって、教育の質はなにより重要ですが、 安心して過ごせるベッドがあることも、それに継ぐほど大切です。

「当校では、20~30ヵ国から多くの留学生を迎えています。アニメや漫画をはじめとするポップカルチャー、サブカルチャーで世界中の若者たちに知られる『日本・東京』は、世界の中でもトレンディな街で、『クール・ジャパン』は既にブランドになっています。
一方で、鎖国が行われていた江戸時代の影響や地理上の距離もあり、心理的に距離を感じる国であることも事実です。その側面は、ミステリアスとされ、多くの人々を惹きつける魅力でもあるのですが、留学してくる方々にとって不安感につながる側面でもあります。
また、東京という街のスケールは、多くの留学生にとってまるでSF映画のように現実感のないもので、カルチャーショックを受ける方も多いです。受け入れる時は十分に説明して、不安をやわらげるようにしたいと考えています。学校は、教育の質が最も重要ですが、安心して過ごせるベッド(=住まい)があることも、それに継ぐほど重要だと考えています」。

多様な国の学生たちが共に学ぶ学校は渋谷クロスタワー27階にある。 窓越しには、代々木公園や富士山を一望するパノラマビューが広がっている

留学生の寮に対する満足度を調査。評価を高める努力を共にしていきたい。 オークハウスの“人”のクオリティを信頼し、期待しています。

 「現在、オークハウスさんからは、〈ソーシャルレジデンスたまプラーザ〉と〈ソーシャルレジデンス青葉台〉のお部屋を寮として借りています。映画を見るシアタールームやジムなど、共用施設が充実しており、インテリアのセンスもよく、満足しています。また、社員の方が管理スタッフとして常駐している点も安心です。また、寮には、当校の学生2名がレジデンスアシスタントとして一緒に住み、留学生の要望に対応しています。
 当校では、寮に対する満足度を測るために、留学生にアンケートを実施しています。これまで2社で4物件を借りていたのですが、その評価を基に、今後はすべてをオークハウスさんにお願いすることにしました。実は、賃料はオークハウスさんの方が高いのですが、クオリティが高い。当校としては、ひとつの会社に大きな投資をすることは大きな決断ですが、大きな期待もかけています。建物のクオリティもそうですが、一番大事なのは“人”です。スタッフの方々のコミュニケーション力やこまやかな対応に信頼感を持っています。
そして、なにより、留学生が当校にとって大事なお客様であるという点を理解してくださっていることが大きなポイントです。
 先日、ある留学生の方とシーツ交換について行き違いがあったのですが、当校のレジデンスアシスタントが把握するより前に、状況を把握し、即座にご対応くださいました。
 今後は、物件も〈ソーシャルレジデンスたまプラーザ〉1棟に集約し、一層、留学生の評価を高められるよう、我々も頑張りますので、ご尽力いただければと考えています」。

〈ソーシャルレジデンスたまプラーザ〉。2017年2月にリニューアルされたラウンジ。ここでウェルカムパーティが開かれる。中庭でのバーベキューも人気のイベント

留学生は今後も増加傾向。“住む場所”がより一層“楽しい場所”になるよう 一緒に力を尽くしていきたいです。

「今後は、ソーシャルレジデンスで、ゲームやアニメなどのアクティビティを積極的に行っていきたいと考えています。住む場所をもっと楽しい場所にすることで、留学生の満足度もあがるのではないかと、当社のチューリッヒのアナリストとも話していたところです。オークハウスさん主催でも様々なアクティビティを行っていらっしゃると思いますが、我々も盛り上げていきますので、一緒に盛り上げていただけるとありがたいです。毎年、留学生の数は増加しています。来年はさらにたくさんのお部屋をお願いすることになると思います」。

「留学生の満足度を高めていくことは、私の重要な仕事です。そのために、力を貸してくださる方たちとチームを組んでいきたい」と語る

【イー・エフ・エデュケーション・ファーストについて】

1965年に、Education First『教育を第一に』をモットーにスウェーデンで設立した
イー・エフ・エデュケーション・ファーストは、世界最大級の私立教育機関です。
現在、世界53ヵ国以上の国々に500を超える事業拠点及び直営語学学校を擁する同社は、言語教育、留学、オンライン英語学習、ビジネススクールなど、多数の教育プログラムをグローバルに展開しています。また、1988年ソウルオリンピック・パラリンピック以来、オリンピックおよびパラリンピックの公式語学サプライヤーに認定されています。その日本法人として1973年に設立されたイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京2020スポンサーシップ契約を締結し、オフィシャル語学トレーニングパートナーとして、東京2020大会をサポートしています。

取材地:
EF日本事務局 東京本部
〒150-0002 渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー27階

物件概要
〈ソーシャルレジデンスたまプラーザ〉
住所:神奈川県横浜市青葉区新石川
交通:東急田園都市線「たまプラーザ」駅徒歩8分、東急田園都市線・横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野」駅徒歩8分
建物階建:地上4階建て 
シングル部屋数:110部屋
共用施設:ビジネスセンター、マルチスタジオ、シアタールーム、カフェ・ラウンジ、
スタディールーム、パントリー

同じカテゴリーのインタビュー

海外ITエンジニアと日本のトッププロジェクトを結ぶ ヒューマンリソシアと提携

法人事例/大規模シェアハウス

2018年05月15日

世界各国から優秀なエンジニアを採用し国内企業に派遣する「Global IT Talentサービス」を展開する総合人材サービス会社・ヒューマンリソシア株式会社(東京本社:東京都新宿区。以下ヒューマンリソシア)。人材不足が顕著なIT・テクニカル分野において、専門スキルと語学力を併せ持つ海外エンジニアの企業ニーズは高く、採用を急拡大させています。ヒューマンリソシアが多くの海外エンジニア採用に成功している...

アデコと提携。若者のキャリア育成プログラムをシェアハウスでサポート

法人事例/大規模シェアハウス

2018年01月10日

 世界最大の総合人材サービス企業Adecco Group(本社:スイス。以下アデコグループ)では、「Adecco Way to Work™」というプロジェクトを立ち上げ、これからの社会を支えていく10代・20代の “はたらく”をいろいろなカタチでサポートしています。その一環として、アデコ株式会社(本社:港区南青山。以下、アデコ)では、東京で働きたい人の転職を支援...

二松學舍大学がソーシャルレジデンスを留学生の寮に指定

法人事例/大規模シェアハウス

2017年11月24日

明治10年(1877年)、漢学者・三島中洲によって創立され、今年140周年を迎えた二松學舍大学。「国際人の養成」を教育理念のひとつに掲げる同大学では、1995年に国際交流センターを開設し、交換留学制度や短期海外研修の実施、外国人留学生の支援、外国人留学生と日本人学生との交流会などを行っています。2016年秋よりオークハウスと提携。「ソーシャルレジデンス花小金井」「ソーシャルレジデンス南流山」「プレ...

「就活キャンプ」、シェアハウス無料宿泊支援で年200名の大学生集客に成功

法人事例/大規模シェアハウス

2017年10月27日

 キャリア転職の専門情報サイト『@type』の運営や人材紹介、派遣事業を手がける総合人材サービス企業「株式会社キャリアデザインセンター」(本社:港区赤坂。東証一部上場)では、10年前から新卒向けの就活支援サービス『type就活』を展開しています。「東京就活キャンプ」は、地方に住む優秀な学生が首都圏の企業と出会う機会を創るサポート企画です。キャリアデザインセンターでは、オークハウスとタイアップし、シ...

Facebook Twitter Google Plus